07 訴訟活動

September 10, 2012

SLAPP訴訟-沖縄・高江で、山口・上関で【大橋】

 大橋です。9月1日、大阪ふたばは開業10周年を迎えました。
 10年で培ったものや、悲喜こもごもの経験を糧とし、将来への展望を秘めて、11年目を踏み出しました。
 今後とも、大阪ふたばの成長を見守り、ご支援ください。

*~*~*~*~*

 9月9日、オスプレイ配備に反対する沖縄県民集会が開かれました。
 沖縄へ米軍基地をそのまま残して「我がこと」とは考えない本土の私たちに、沖縄からは何度も声が挙げられています。微力ですが私もいつも沖縄のことを忘れずにいたい、という気持ちだけは持っています。

Photo


 これは、確か3年前に沖縄の高江を支援訪問したときに買い求めたTシャツです。
 漂白しない自然な白の綿でできていて、とても着心地がよい。そしてピースマークの柄も素敵です。


 このとき、高江で、米軍のヘリパッド移設工事を強行しようとする沖縄防衛局に対して、地元住民が交代でテントを張って阻止のために監視活動をしていること、これに対して通行妨害禁止の仮処分の申立がされていることを知りました。

 申立の内容など、詳しいことまでは聞きませんでしたが、沖縄弁護士会の弁護士がきっと頑張ってくれているのだろうと思いました。

*~*~*~*~*

 この仮処分の結論についてなど、その後のフォローが全くできていなかったのですが、最近、日本弁護士連合会「自由と正義」8月号で、沖縄弁護士会会員の加藤裕弁護士による講演録「東村高江区における米軍ヘリパッド建設に関する人権救済申立書及び沖縄における米軍基地の動きをめぐる情勢」を読みました。

 2009年12月11日に、申立をされた15名(1名取り下げがあって14名)のうち2名について妨害行為が認定され、申立が認容された、とのことでした。

 この仮処分申立たるや、申し立てられた住民一人一人についての「妨害行為の事実」の疎明資料が極めてずさんであること、住民の特定もできていないこと(提出された疎明資料中の写真と氏名が合わない)、それからなんと、7歳の子どもさんにも申立てがされているということでした。
 それで、結論として2名のみに決定が出たということのようですが、申立自体が脅し以外の何物でもないと思わせます。

 この本案訴訟も2012年3月14日に那覇地裁判決が出され、1名に対して妨害行為禁止が命じられたとのことです。
 現在は控訴審で、この9月11日に第1回弁論があるとのこと。

 詳しくは、→http://takae.ti-da.net/d2012-09-07.html


 ところで私が加藤弁護士の講演録で特に目を留めたのは、「SLAPP訴訟」の文字でした。

 SLAPP訴訟(Strategic Lawsuit Against Public Participation 市民参加に対抗する戦略的訴訟)と定義される訴訟類型があるのだ、ということを、私は今年の8月17日に初めて知ったのです。
 「ここにも出てきた!」と思いました。

 その日は、九州電力に対して玄海原発の稼働停止を求める訴訟及び仮処分審尋のために、佐賀地裁に行った日です。そこで、「上関原発の埋め立て工事に対する反対運動をしていた人たちが、中国電力から仮処分の申立をされていて、住民の妨害を禁止する決定が出て、今は最高裁へ行っている」という話を聞きました。
 そのときもらったリーフレットに「SLAPP訴訟」の文字があったのでした。

 この裁判は、9月4日付けで最高裁から「反対派による妨害行為の禁止を求める決定」が出た、と報道されています。→http://www.asahi.com/national/update/0906/TKY201209060259.html

*~*~*~*~*

 場面は違いますが、このところ、労働争議をしている労働組合から、「会社から営業妨害行為で損害が出たと言われ、数千万円といった巨額の損害賠償請求訴訟を起こされた」という話を複数聞いています。

 これまでになかったことですが、国や巨大企業が、到底経済力では抵抗できないが故に決死の実力行使に出ている弱者を、裁判所に引きずり出すという構図が出現するようになったのです。

*~*~*~*~*

 裁判所は公正中立、一人の弱者の声でも、それが法的に正当であれば「正当だ」と宣言してくれる。
 そういうものとして、弱者は裁判所に一縷の望みを託し、裁判に訴えてきました。

 弁護士から見れば、裁判も決められたルールの範囲で運営される一個のゲームでしかなく、決して真理を反映するとは限りません。証拠がなければ勝てません。
 だから安易に裁判所に依存すると、運動自体が潰れかねないのではないかと、心配でした。

 しかし今や、裁判所を利用するのは弱者ばかりでなく、強者からも、となりました。
 国や巨大企業が、裁判費用と弁護士費用を掛けて、住民一人一人を名指しで裁判を仕掛けてくるのは、きっと淡々と業務として行われていることでしょう。

 しかしこれに対して、仕掛けられた住民一人一人の方はどうでしょうか?
 職業生活・家庭生活を根底から覆すような衝撃を受け、心身に支障を来すのではないかと想像します。
 個人で裁判所からの通知を受け取って、平気でいられるのは弁護士くらいのものでしょう。いや、弁護士でもかなり気分が悪いです。
 弁護士以外の人の場合は、「気分が悪い」を超えて、「どうしたらいいのか・・」と途方に暮れられるであろうことは容易に想像できます。

*~*~*~*~*

 この住民一人一人の受ける衝撃を、国や巨大企業の担当者らは想像してほしい。そこに何の配慮もなければ、非人間的行為に他ならないと思います。


 その一方で、国にも巨大企業にも「裁判を受ける権利」が憲法で保障されているのを、否定することもできないのです。

 
 あとは、私たち弁護士がどれだけ身近で、間髪を入れずにアドバイスをし、対等に立ち向かえるように構えをとることができるか、という問題でもあるのだと思います。
 

April 09, 2011

東日本大震災・原発被害にせめて署名を・・【大橋】

 大橋です。

 あの「3月11日」東日本大震災の日、私は、佐賀にいました。
 佐賀地裁の「玄海原発MOX燃料使用差止請求訴訟」の第二回弁論だったのです。

 ちょうど鹿児島で事故があって九州全域のダイヤが乱れており、裁判所へ30分遅れで向かうタクシーの中で、「自動車が浮いている」というニュースの声を耳に留めましたが、何のことかわかりませんでした。

 弁論が終わって、報告集会の会館へ移動したところで、ロビーの大画面に大津波の映像が映るのを見ました。

 福島原発がどうなるのか・・原告・支援の人々は直ちにそれを心配していました。

 1カ月後の今、心配は正に現実化していっています。

 行方不明の方もまだ多数、余震もただならない規模で生じている中で、福島原発も継続的に放射性物質を吐き続けている・・

 特に変化のない大阪での生活を送りながら、東日本の地に、そして福島・日本・世界の未来に思いを馳せないではいられないこの1カ月でした。
 まだまだ終わりません。ずっと状況に目を向け、できることをしていきたいと思いつつ。

 「玄海原発プルサーマル裁判の会」の方も関わっている署名があります。明日が第一次集約ということなので、ネット署名をしました。

http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/signature110328/signature110328_1.htm

August 15, 2010

玄海原発MOX燃料使用差止訴訟を提起(佐賀地裁)【大橋】

 大橋です。松井が任期付公務員に出向し、しばらく事務所に寂しい雰囲気が漂っています。
 でも今日は、久しぶりに松井が事務所に登場し、国税不服審判に必要だからと、民事執行の関係の本などを箱詰めしていました。
 相変わらず元気そうです。

 さて、去る8月9日、私は初めて佐賀県に行き、佐賀地裁に訴訟提起をしてきました。
Photo_2

Photo_3


 この裁判は、九州電力が使用に踏み切った、フランス・メロックス社製の粗悪なMOX燃料の使用差止を請求するものです。
 その一つのテーマが「多くの蒸発性不純物を含む粗悪なMOX燃料を使うことで、加圧水型原子炉の冷却力が低下し、安全性に大きな問題が生じる危険が高くなったこと」。
 もう一つのテーマが「使用済MOX燃料の処理システムが本年からようやく検討されるというような事態であるのに、処理方法を具体的に決めずに稼働してしまったことにより、放射能の強い使用済MOX燃料を超長期(40年以上)に渡りプールに貯めて保管することになるのが確実であること。しかし老朽化したプールからの放射能汚染水の漏洩が国外の他の原発でいくつも問題化しており、危険が容易に予測できること」です。
 このように危険性があることが既に見通せるのに、MOX燃料を使用してプルサーマル運転を軌道に乗せようとする、九州電力の姿勢を問う裁判なのです。
 容易に核兵器の原料にすることができるウラン・プルトニウムを国内に温存しようとする日本の政策、それを体現しようとする九州電力。
 これを阻止しようとする裁判の提訴の日は、奇しくも、長崎原爆投下の記念日である8月9日に決まったのでした。

Photo_4


 玄海原子力発電所です。真っ青な空と真っ青な海を背景にした、小ぶりな4つの棟。一番右が問題の3号炉です。温排水を利用したという温室の方が、大きく目立って見えました。

Photo_5


 あと、同じ視界に入ったのが、民間会社が設置しているという、風力発電の大きな風車の群れでした。
 広報館「玄海エネルギーパーク」の展示に説明があったのですが、玄海原発で作られる電気は九州電力管内の電力の3分の1を占めており、一方、風車の群れで作られる電気は、せいぜい数千世帯分だということでした。
 それでも、原発と隣り合う風車の群れという構図は、印象的でした。

Photo_6


 九州電力管内、つまり九州全域から名乗り出た原告は130名。提訴後集会に集まった皆さんは、元気で地に足の付いた、腰の据わった人たちでした。
 佐賀から九州へ、そして日本の原子力政策へ。「リサイクル」の美名に隠れた、安全性の確認されないMOX燃料の使用に、警鐘を鳴らす裁判なのです。

 なお、この訴訟の弁護団は大阪の弁護士3名です。大阪の専門家(美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会)が技術面をフォローしてくれています。
 ベテランに教えてもらいながら、私も佐賀へ通うことになりました。

 詳しくは、9月中旬発行予定の「アジェンダ」30号で。


October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks