01 大橋

March 31, 2014

離婚するママとパパのための絵本【大橋】

S20140322_033621

 離婚のために代理人業務をするのは、私の仕事の多くの割合を占めています。

交渉でまとめるか、家庭裁判所に調停を申し立てるか、調停では折り合えずに離婚訴訟を起こすか。

その中で、子どもをめぐる争いは年々熾烈な問題となってきているように思います。

私の弁護士歴も14年満了、15年目に入りますが、10年前といったら、パパは子どもの親権までを争うことはそう多くなく、面会の機会にこだわることもそうありませんでした。
今は、ほぼ全部のケースで、子どものことはママとパパの間で争いになります。
特にまだ子どもが小さいとき、パパは「いちばん可愛い時期の子どもにどうして月1回しか会えないのか!」と怒ります。
 (ママが子育てを問題なくやっているために、そのまま親権がママに認められるケースを前提としています。)

 間にいる子どもは、どういう気持ちなんだろうか。
 私はなるべくそれを知りたいと思ってきました。
 離婚が「子供のせい」である訳はなく、一方的被害者なのです。しかも自分を守る力がまだありません。

 そんなとき、京都家庭裁判所の待合室に、「おすすめの絵本」のリストが貼ってありました。

 早速入手してみましたが、買えたのは3冊でした。
 そして中身を読んだのが、買ってから何カ月も経ってから。ようやく宿題を終えた気分です。

 絵本のよいところは、子どもの視線で描かれているので、自分が子どもの気持ちになれることです。
  どれも、ママとパパは出会わないようにして子どもを引き渡し、受け取っています。
  間に立つ子どもの気分は・・


  中でも、 「ココ、きみのせいじゃない」という本をご紹介したいと思います。

  アメリカの作者の本を日本の家裁調停委員をしている人が翻訳し、解説をつけたもの。
  パパが別居して、家が二つになるところから始まります。

 この「ココ、きみのせいじゃない」という本は、子どもに読み聞かせる絵本の部分に加えて、小さな字で詳細な解説がママとパパのために書かれているのです。

子どもがどんな気持ちになるか。それをわかってこういう配慮をしてあげてください、ということがたくさん書いてあります。

 たくさん買って、依頼者と相手方にもプレゼントしたいくらいです。
まとめ買いをすると割引もあるようですし。。

事務所に読みに来られますか?

March 03, 2014

「女子」として平等な関係性を、そして大きなパワーを!【大橋】

S

  『格付けし合う女たち  「女子カースト」の実態』  という題名の本を買って読みました。

 カースト、という言葉には、人権とか平等とかいう概念と対極の、生きづらく逃れられない境遇をイメージさせられます。
女子カーストって一体なに?という問題意識でした。

 読後感としては、まず、感覚の近さを感じました。著者は女子校出身とのこと。思春期を女子校で過ごした後に大学で遭遇する事態についての書きぶりには、同じく女子校出身の私には「なるほど」感がありました。

 それも含めて著者から発せられているメッセージを自分なりに受け取ると、こういうことかと。

 「女性は、複数集まったときの格付け基準がいくつもある。社会的地位にしても、自分の職業・地位もあれば、夫の職業・地位もある。結婚しているか否か、子供がいるか否か、子供がどの学校へ行くかもある。それが関係の複雑さを生み出している」

 「しかし、女性は平等であることに敏感。格付けを競うよりも平等に付き合いたい。その点、『女子』は様々なカーストを超えた平等な関係を築くツールになるのでは」


 いかにも「売らんかな」のタイトルの付け方に比して、中身は(特にメッセージには)共感が持てました。

 いわゆる「女子力」がない!と常々思う私ですが、誰でも女子として仲良くできる女子会は好きです。

 広く平等に関係を築くことができる『女子』の輪を作って、大きなパワーができたらいいですね!

 パワーということでいうと、行政の施策に「女性が不自由していること」への敏感さが足りない。それは女性票が組織化されておらず、有権者の声として圧力になっていないからです。
 安倍首相が「女性の活用」を言っていますが、それは妻の多大な影響もあるのかもしれません。しかし世の女性も、黙っていないでもっといろいろ言うべきです。
 必ずしも女性議員が女性の味方とも限りません。所属政党の施策には離反できないですから。
 政策と人柄をよく見て、有権者パワーを行使しなくては。



 もちろん、 『女子』に溶け込める男子も歓迎します。生物学的な性を問いません。

December 28, 2013

「どうしたらよいかわからない悩み」のご相談【大橋】

本年の業務は昨日12月27日で終了しました。
来年は1月6日(月)より開始します。

机周りの片付けは、年賀状が済んでから。あと2日は事務所に来ないといけなさそうです。

本年、年末近くになって新規のご相談が続きました。
典型的なものから、かなり労力を要することになりそうなもの、まだ経験したことのない行政訴訟、相手方次第とはいえ効果が出ないおそれのあるもの・・様々です。

弁護士により様々かもしれませんが、私は、どうしたらよいかわからない、と悩む方に、いろいろ事情を尋ねながら一緒に解決方法を考えることに「やり甲斐」を感じます。

他の弁護士なら解決方法を知っているだろう、というときには、ご相談をお預かりして聞いてみることもありますし、専門的なことならその弁護士を紹介します。
また、これまでの経験で培った(1999年4月登録ですから弁護士歴はもうすぐ15年です)種々の関係先との繋がりを辿り、解決に生かすことも考えます。
かなり調査や労力を要しそうなとき、若手との共同受任でパワーアップを図ることもよくやります。

私はのんびりした性格ですので、いらちな弁護士のように「で、あなたはどうしたいんですか?」と尋ねたりしません。それを言うとしたら、少なくとも1時間はお話を伺ってからです。

ですから、私のところにご相談に来られるときは、2時間くらいを見越してお越しください。
2時間を超えても2万円+消費税以上はいただきません。

その代わり、「すぐ相談したい」というご希望には応えられないことが多いです。隙間時間に1時間、という感じになり、忙しないです。
できましたら、1〜2週間の余裕をもってご予約をお願いします。

それでは、よいお年をお迎えください。

December 01, 2013

特定秘密保護法に反対します【大橋】

 反対あるいは慎重審議を求める声が日増しに上がっていっても、公聴会で誰もが慎重意見を述べても、自民党・公明党・みんなの党は「特定秘密保護法案」を衆議院で可決してしまいました。

 外交・防衛・スパイ活動の防止・テロ防止の4分野で閣僚らが「特定秘密」を指定し、秘密を取り扱う公務員から業者まで、これを漏らせば最長懲役10年の刑事罰に処せられるという重罰を定める法律です。
 
 こんな法律をなぜ急いでバタバタと作らなければならないのか。安倍政権は「大した影響のない法律だ」といった風の答弁で逃げ切ろうとしているようですが、これだけ急ぐ目的がどうにもはっきり現れてきません。

 ある意味、急ぐ目的は公然と言えないが明らかで、「自民党が与党の座にいるうちに通せるものは通しておく」ということでしょう。
 そしてそのまた裏には? アメリカから法の成立と引換に資金援助の約束でもとりつけているんじゃないかと勘ぐりたくなります。


 法案の内容には全く反対です。
 官僚に日頃の政治を任せざるを得ない私たちは、せめて官僚の持てる権力が濫用されないようにチェックすることが必要です。個人情報保護また情報公開の流れは、個人のプライバシーの管理権限を自らに保持することの重要さとともに、行政を各市民がチェックすることの必要性を示してきました。
 そうしたチェックが、お手盛り第三者機関の下でしかなされないことになっては、「特定秘密」だらけになるのを容認するようなものです。
 また、「特定秘密」をとりあつかう部門に働く労働者は、秘密を保持するに相応しい人物であるかどうかのチェックを受けることになります。それ自体がプライバシーへの過度の立ち入りです。
 それから、曖昧な「秘密」指定のせいで、萎縮的に「何も語らない」ことにして秘密を抱え込んでしまうおそれがあります。この精神的苦痛も相当である上に、家族・知人との関係もぎくしゃくしかねません。

 参議院の与党議員の皆さんは、選挙で選ばれて任期の間を任されているのですから、心配している市民の存在を十分に考慮されて、賢明なる判断をしていただくよう求めるものです。

女税連・大阪ブロックで労働問題大づかみ学習会【大橋】

S20131122


 早いもので、もう12月。師走を迎えました。

 せめて秋のうちにブログ更新をしたかったものだと思いながら、1週間前の京都大学北部構内のイチョウ並木を載せてみました。


 今日は、女税連(全国女性税理士連盟)西日本支部の大阪ブロック学習会にお招きいただき、「労働問題大づかみ」と題する2時間弱のお話をさせていただきました。

 税理士さんは企業の税務に深く携わり、その機会に経営者から労務相談を受けることもあれば、経理担当従業員等から労働者側の相談を受けることもあるそうです。

 そのときに何も知らないわけにはいかないので・・という問題意識からのお招きでした。

 労働法制は、弁護士の中でも専門性が要求されている分野ですので、これに精通することはなかなか難しいです。
 ただ、弁護士が税務について全く念頭にないまま業務を処理するとあとで顧客に莫大な出費を強いることがあるように、税理士さんも労働相談を受けたときに「あとでトラブルがあるかもしれない」と念頭に置くか置かないかで、処理の方向性が違ってきてしまいます。

 今後、女税連の皆さまと「転ばぬ先の杖」のお付き合いができましたら、嬉しいです。

 女性だけの気取らない忘年会にも同席させていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました☆


September 03, 2013

民事調停が使いやすくなった【大橋】

 大橋です。猛暑もようやく過ぎたと思えば、雨風の強い日が続きそうで、不穏な天候です。
 まずは疲れ果てた体力の回復に努めなければなりません。


 ところで、日本弁護士連合会の会誌「自由と正義」8月号に記載があって、役立ちそうなのでここにまとめます。

 2013年(本年)1月1日より、新しい非訟事件手続法及び同規則が施行され、民事調停法及び同規則の改正も同時にされました。
 この改正で、民事調停の使いにくかった点が改善されていたのです。

1 電話会議による期日が可能に

 2013年1月1日以降の申立の民事調停事件については、当事者の意見を聴いて、電話会議システム又はテレビ会議システムにより期日における手続を行うことが可能になりました(民事調停法22条、非訟事件手続法47条、非訟事件手続規則42条)。

 訴訟では既に導入されている電話会議システム等ですが、民事調停にはなかったので、遠方の相手方に対して調停を起こすのが不便だったのです。(調停は相手方住所地の管轄簡易裁判所に申立をするからです。)

 これで、いたずらに遠方の相手方に訴訟を起こさず、調停(話し合い)の手続を践みやすくなりました。

2 手続き上の救助の申立が可能に

 訴訟手続においては、訴訟費用を負担できない資力の乏しい人に対して、訴訟救助の制度があります。
 訴訟費用は敗訴した人が負担するのですが、裁判所は訴訟提起のときに原告にまず負担させ、訴訟に勝った方が負けた方に対して訴訟費用を請求して回収するという制度の組み立てになっています。
 その原則を資力の乏しい人については変更し、費用を後払いにしてくれるという制度です。

 これがなぜか調停には適用されず、かねがね不備だと思って来ました。
 訴訟なら費用後払いで起こせるのに、調停はまず費用を払わねばならないのです。
 お金がない人は調停(話し合い)が選択できず、喧嘩を売るように思われかねない訴訟しか起こせない。おかしいです。

 これが今般改善され、「救助の申立」制度ができたのです(民事調停法22条、非訟事件手続法29条、非訟事件手続規則18条1項)。要件は「不当な目的でないことが明らかでないこと」で、明らかに請求権がない場合を除く趣旨とのこと。

・・・どちらも業務の役に立ちそうです。

June 02, 2013

6月27日、大阪市企業人権推進協議会でハラスメントの講演【大橋】


 大阪商工会議所の会員の方には配付されていますが、大阪市内の事業所・団体の人事・労務担当者及び管理職の方々を対象とした大阪市の委託事業「労務問題関連研修会」が開かれます。

 大阪弁護士会へ講師依頼があり、行かせていただくことになりました。
 参加費は無料です。


 一緒に講演されるのが精神科のお医者さんで、「「メンタルヘルスマネージメント」のツボ」を聞けるそうですから、私も楽しみです。

 私の方は、弁護士で何が話せるかと言えば、実際にトラブルになったときにどういう事態になるかをリアルに語ることでしょうから、「労働者にも使用者にも、ハラスメントの存在する職場は百害あって一利無し!」ということを参加者に訴えたいと思っています。

 実際のところ、こういう講演に来られる方は既に問題意識をお持ちですから、「来ようとしない事業者」こそが重要なターゲットなのですけど。

「13.6.27大阪市企業人権推進協議会労務問題関連研修会チラシ.pdf」をダウンロード

自転車の交通事故【大橋】

 今日の新聞で、自転車による事故が増加しているため、財団法人日本自転車普及協会や各地の行政書士会がADR(裁判外紛争解決手続)のセンターを立ち上げている、という記事が出ていました。

 確かに、当事務所でも自転車事故の相談をお受けするようになりました。
 自転車事故の場合、
①過失割合などの判断をしている裁判例が少なく、これをまとめた冊子も日弁連作成のマニュアルくらいしかないこと、
②自動車のように強制加入の自賠責保険のような制度がないため、損害賠償請求をしても加害者の資力により十分な賠償が得られない危険があること(逆に言うと、加害者になったときに保険が利かないと多額の債務を負うことになります)、
③自動車はナンバープレートで加害者を割り出しやすいですが、自転車では「当て逃げ」されるケースが多いのではないかと思われること、
などが問題になると思われます。

 ③は、弁護士ではお力にはなれません。
 ①は、まとまらなければ裁判官に判断してもらう方法がありますから、ご相談いただき、交渉を進めていくことが大事です。

 そして②については、大事なポイントがあります。
  
  損害保険に、加害者になったときに損害を賠償してくれる特約が付帯されていることがあるのです。
  ご自宅に掛けた火災保険、学校で子どもさんが入っている保険、クレジットカードに付いている保険など、一応確認してみてください。
 
 それから、特約で対応できそうな場合、「保険会社が示談代行をしてくれるか」または「弁護士費用を出してくれるか」にも注目。
 それらがあると、示談交渉を自分でしないで済みますから、いっそう肩の荷が下りたような気持ちがするものです。
 
 「弁護士費用特約」があれば、弁護士にも相談していただきやすいですね。

April 27, 2013

<離婚・相続>相性の合う弁護士か?最初の30分無料相談でご確認ください【大橋】

 この頃は弁護士もホームページを持つことが普通になりました。

 なかなか押しの強いHPも沢山ありますね。同業者からするとちょっと赤面するようなものも。

 弁護士にこれまでなじみのなかった人が、さあ困ったことになった!というときにどうやって弁護士を探すか。
 今や、ネット検索でまず探されるだろうと思います。

 それからどうやって「この人!」という弁護士を決められますか?

 私もいろいろと想像するのですが、依頼には2種類があると思うのです。

 「これをしてほしい」というものが決まっている依頼。貸金を取り立てる又は返済方法の交渉をしてもらう、貸家から退去させる又は退去を待ってもらう、交通事故の損害賠償を請求する又は請求への対応、といったもの。

 もう一つの種類は、「どうしたらいいか一緒に考えてほしい」という依頼。離婚などの家庭内の関係や、労働関係は、そういうことが多いように思います。

 後者の方のご依頼ですと、「一緒に考えてくれる」またその前提として「話しやすい」「聞いてもらえるし質問もしやすい」ということが何よりも重要ですよね。

 しかし、そうした雰囲気は、ホームページからはなかなか見えてきません。

 相性の合う弁護士かどうか、まずそれが見たい。でもそのために相談料を払うのは、ちょっと辛い。
 そういう方もきっといらっしゃるのだろうと思います。

 それで、お越しいただきやすいように、離婚事件・相続事件などの家事事件に関して、「30分で相談終了の場合には、相談料無料(初回のみ)」「延長する場合は30分以降から相談料をカウント」とさせていただきます。
 私も30分経ったところで「あなたのご希望とお人柄ならば、私よりもこの弁護士へ(あるいは相談機関へ)」とご案内をして終了する方が、お互いにハッピーだろうと思いますから。

 ちなみに私の持ち味は、「緊張せずにお話しいただける雰囲気」だと思っています。
 間違いなくスローなほうですので、イラチの人とは相性が合いにくいと思います。
 ゆっくり、悩み悩みのお話でも大丈夫です。

 なお、受任してからも仕事がゆっくりだったら困るなあ、とご心配かもしれませんが、受任時の状況により仕事が停滞しないように他の弁護士との共同受任での処理をご提案するなど、誠実な業務遂行を心がけています。

 

近況です【大橋】

201304

 カレンダーどおりの就業日の方、ゴールデンウィーク前半が始まり、ちょっと気分も緩みますね。

 当事務所は、ゴールデンウィーク前半と後半の間の3日もお休みをいただいています。
 電話は留守電になります。FAXかEメールでのご連絡もご利用ください。
 弁護士が仕事に出て来たときに確認する形になりますが、2日に一度は確認できると思います。

 さて近況ですが・・・ブログ更新をしていませんでしたが、特に問題なく業務を行っております。
 最近、着物に興味を持ち始めましたが、着道楽に目覚めたというのでもありません。

 母親の形見がどさっと手に入ったのが主な理由です。しかも、着る場がないのに定期的にあつらえていたらしく、ほぼ新品です。それで、もったいないので着ようと思いました。

 もう一つの理由は、体型が着物にぴったりになってきたことです。あまり深く想像しないでください。。

 さて、次のブログで業務のことを書きます。
 

より以前の記事一覧

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks