労働

December 06, 2008

11月のレポートその2 「ハラスメント連続講座」第3回の講演【大橋】

Photo_3


 11月29日(土)午後、「働く女性の人権センター いこ☆る」主催の「ハラスメントに負けないために 連続講座」の締めの第3回がありました。

 締めという重責だったのですが、「日本にもハラスメント規制法を!~ヨーロッパの先進的取り組みに学ぶ~」というタイトルで、「実際に日本で法的手段をとるとしたらどうなるか、どういう難しさがあるか」「EU、特にフランスの取組みによる法制化でどうたたかいやすくなったのか」という内容を話しました。

 主には、例えば労災認定をとる場合に問題になることとか、裁判や労働審判を起こす場合の立証の問題とか、慰謝料金額とかいったお話をしました。
 フランスの法律については、実際のところ、自分で原典をあたったわけでもありませんので、学者の方の論文をまとめて報告するという程度だったのです。
 ただ、法制化された内容は、「挙証責任の転換」や「労働組合訴権」、「告発したり証言した労働者の保護規定」「離職の無効による復職ないし損害賠償の規定」「いじめに対する刑事罰」など、示唆に富むものです。

 どのように運用されているのかということについては、またどなたかによりレポートが出されるのを待たねばなりません。
 ちなみに、本年6月の「国際職場のいじめ学会」では、マリー=フランス・イルゴイエンヌさんの講演で、フランスでは法制化の次の段階として、定義へのあてはめ問題、つまり「どこからがいじめなのか」のライン引きに論争点が移り、肝心の職場環境の整備の問題に焦点が当たっていないという報告もありました。
 もちろん、日本より1段階先に行っているのは間違いなく、また、それだけ「いじめ」問題が根深いものであることを示していると思います。

 私の後に、ユニオンおおさかの小田みどりさんから、労働組合として取り組んでいる具体的ケースについてのお話もされました。

*~*~*~*~*

 「職場のいじめ」問題は、現に「いじめを受けている!」と思ったときに、まだストレスで精神が疲れ切る前の段階で適切に労働組合へ相談ができて、職場環境の改善に進んでいけることが何より大事だと思います。

 弁護士のところに相談に来られるのは、既に「うつ」の診断が出て休職中であったり、休職が長引いて退職または解雇されてしまったりしてからのことが多いので、「次のためにどうするか」という相談にならざるをえなかったりします。

 職場を離れてからだと、ハラスメントの証拠を確保することから難しくなります。

 労働組合がまず身近になってほしいと思いますし、弁護士への相談もなるべく気軽にしていただきたいと思います。
 

November 04, 2008

10月のレポートその2 ハラスメント連続講座始まる【大橋】

200810


 私が撮っていたケーキの写真はこれです。

*~*~*~*~*

 10月25日(土)から、「いこ☆る」主催で「ハラスメントに負けないために」と題した連続講座が始まりました。

 3回シリーズで、第1回は「これってパワー・ハラスメント?~おかしい!と思う実感を大切に~」というテーマで、企業へのセクハラ・パワハラ研修を手がける「アトリエエム」の三木啓子さんが講師でした。
 研修ビデオを作っておられるので、一部を上映したり、グループワークを入れたりして、さすが工夫された講義内容でした。

 来られている方は、被害当事者も多そうでしたし、具体的な事案で困っている労働組合の方もおられたようです。

 あと、2回目が11月15日(土)に「わたしは悪くない!~ハラスメントへの対処法を考えよう~」というテーマで、フェミニストカウンセラーの周藤由美子さん。

 最後の3回目が11月29日(土)で、「日本にもハラスメント規制法を!~ヨーロッパの先進的取り組みに学ぶ~」というテーマで私が講師です。

 いずれも13時半から16時半ころまで、場所は天満橋のドーンセンターです。

*~*~*~*~*

 この頃、私の以前のブログに「モラル・ハラスメント」をテーマとしたものがあるため、そこから相談の予約に来られる方が増えてきました。

 モラル・ハラスメントは、家庭内の精神的暴力の問題としても使われますし、労働関係でのいわゆる「いじめ」問題を意味するものとしても使われます。
 「職場のモラル・ハラスメントをなくす会」のHPもぜひお訪ねください。定期的な電話相談の体制もとっています。

 会の方に話を伺うと、「電話の多くは『私が受けているのはモラルハラスメントでしょうか?』という質問」だそうです。
 HP上で、「イエス・ノー」で答えていくとモラルハラスメントかどうかが判断できるようなチャートを作ったらどうだろうという話も、出てきていました。

 まだ公式の定義がない、モラルハラスメントとかパワーハラスメントとか言われるものには、被害者も振り回されますが、一方、「加害者」とされた人も振り回されているようです。

 労働組合への相談には、「パワハラ上司」であったことを理由に解雇された人の相談が来ているそうです。
 ご本人にはそんな覚えがなく、嵌められてしまったように思えて被害意識を持ってしまいます。

 それも、パワハラに明確な定義がないことに原因があると言えます。
 そして、ハラスメントの本質は人間の尊厳の侵害、プライドを傷つけられるところにあるのではないかと考えますが、一方で労働現場は総体として「人間の尊厳」など考える余裕がないほどギスギスしている実態があります。これでは「人間の尊厳を傷つけてはいけない」という規範自体が成立し得ません。

 日本においてあるべきハラスメント防止法とはどんなものか、研究していきたいと思います。

October 26, 2008

10月のレポートその1 日弁連人権擁護大会(富山)【大橋】

 10月2日3日、日弁連人権擁護大会。富山へ行ってきました。
 2日が分科会で、3日が大会です。決議や宣言を採択します。

 2日は3つの分科会のうち、「労働と貧困」をテーマとするところへ参加。
 マスコミの関心も高く、翌日の北日本新聞にはこの分科会の記事が出ていました。

 3日の大会決議では、「貧困の連鎖を断ち切り、すべての人が人間らしく働き生活する権利の確立を求める決議」が決議されました。
 どうも日弁連の宣伝力もまだまだで残念ですが、決議内容は画期的だと思います。「正規雇用が原則であり、有期雇用を含む非正規雇用は合理的理由がある例外的場合に限定されるべきであるとの観点に立って、労働法制と労働政策を抜本的に見直すべきである。」と明確にされました。

http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/hr_res/2008_3.html

 他に「安全で質の高い医療を受ける権利の実現に関する宣言」も出されました。
 医療事故調査制度に関して、また医療事故を起こさない人的物的態勢(医療関係者の労働条件も含めた)に関して言及した、これも画期的な宣言であると思います。

http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/hr_res/2008_2.html
 ちなみに、あと一つは「平和的生存権および日本国憲法9条の今日的意義を確認する宣言」です。
 憲法問題で特にテーマを絞ったものですが、大会では「なぜ9条を守ると明言しないのか」との発言も複数出て、一番審議に長時間を要しました。弁護士の関心が引き続き高いテーマであることは間違いありません。

http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/hr_res/2008_1.html
S081004_001


*~*~*~*~*

 そして10月4日5日は、地元富山県弁護士会でプロデュースしてくださった公式観光に、大阪の弁護士複数で参加。
 1日目は、「立山カルデラ」という自然災害の脅威を知ることのできる「砂防博物館」の見学と、立山・室堂を富山県認定の「ナチュラリスト」の方の案内で歩くツアー、そして宇奈月温泉へ。

 天候に恵まれ、色づく立山の景色を堪能しました。写真ではあの360度の壮観は写せない!残念です。

S081005_036


S081005_033


 宇奈月温泉ではトロッコ列車というものに乗って、黒部の奥の方まで行けるのですが、この切り立った峡谷はすごいです。列車の終点は欅平というところですが、ここから有名な黒部第四ダムまでは工事用の隧道しか通っていないそうで、これがまた温泉地帯を通るため大変な高熱だそうです。
 富山県弁護士会の方から、この隧道を通すための難工事を描いた吉村昭の小説「高熱隧道」の文庫本をいただきました。(希望者多数のため抽選で当たりました)
 戦時中に電力供給を確保するための国策として、沢山の地元の労働者の命を犠牲にしながら進められた難工事のことがよくわかります。
 その成果は今も壮大な黒四ダムとして残っているわけですが、そちらもまた行ってみたいと思いました。

*~*~*~*~*

 宇奈月温泉に泊って夜と朝と温泉に浸かり、トロッコ列車にも乗りました。ちょっと雲が出てきて怪しい天気でしたが。
 宇奈月温泉の泉質は、さらっとしたクセのないものでした。川の水音を聞きながらの露天風呂は気持ちよかったです。

 さて、「宇奈月温泉」と聞くと、民法を勉強した人は「権利濫用」という言葉を思い出すはずです。

 我々弁護士は、「宇奈月温泉木管事件の現場はどこにあるのかな?」と半分冗談、半分本気で期待していたのですが、一部メンバーで「記念碑」のあるところへ連れて行ってもらうことができました!

S081006_020

S081006_017

S081006_018


 これでもう思い残すことはないと満足いっぱいです。

*~*~*~*~*

 富山はちょうど白エビの季節で、十二分に堪能させていただきました。富山はよいところです。

 そしてナチュラリストの方が「自然のフィトンチッドで精神が安定します。40分自然の中を歩くと、1カ月は持ちます」と言っておられたのも思い出します。

 富山では何時間もフィトンチッドを浴びましたが、そろそろ1カ月、また浴びたくなりました・・

(一方、この4日間のために、その後に仕事を押しやったのも間違いありません。しかし、弁護士にフィトンチッドを吸わせてくださると精神が安定しますので、よろしくご了解くださいますよう。)


June 15, 2008

「国際職場のいじめ学会」参加報告【大橋】

08060304_024


 6月4日から6日まで、カナダ・モントリオールのケベック大学モントリオール校(UQAM)で、第6回「国際職場のいじめ学会」「bullying_Aff_Envoi.pdf」をダウンロード

が3日間にわたり開催されました。以下はその参加報告です。

*~*~*~*~*~*

  参加者は、「NPOアカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク」代表で奈良県立医科大学講師の御輿(おごし)久美子さん、社会保険労務士で臨床心理士の涌井(わくい)美和子さん、「職場のモラルハラスメントをなくす会」メンバーの長尾香織さんと宗景(むねかげ)なつ子さん、私の友人で「アジェンダ」編集部の藤井悦子さんと大橋の6名。

  事前の早期割引申込でも525カナダドルがかかった。結構高いなと思われる金額であったが、これは英仏の同時通訳設備を要したからだと思われた。

  第1日目の開会式では、同時通訳イヤホンの説明がないままにフランス語での挨拶が2人続き、3人目が英語で話し始めて、会場が「どうなってるんだこりゃ」という雰囲気になり始めた。私は、英語とフランス語は親戚のようなもので、みんなどっちでも理解できるのだろうくらいに考えていたが、やはりそういうものではないようで、同時通訳イヤホンの借り出し説明がなされた。要するに段取りの不備だった。

  しかしやはり英語は世界言語。フランス語圏以外の人は英語でプレゼンテーションをするし、コーヒーブレイクには英語で挨拶を交わしている。英語が聞き取れないということの不自由さを痛感する3日間だった。同行者はそれぞれに英語をそれなりに話せる人たちであったため、私はその人たちから独立してコミュニケーションをとることができなかったのである。他人の手をわずらわすと思えば、自分の聞きたいことを聞くのにも遠慮が起こる。最低、リスニングができなければどうにもならない。スピーキングはブロークンでも自分のペースでできるが。

  どうやったら英語耳が得られるのだろうか? そんなことばかり考えながら、プレゼンのパワーポイントの英語を読み、デジカメで記録し、そこの単語を電子手帳で引き、説明の英語は全く聞き流していた。見事に聞き取れないものだと感心した。
  
080605_044

(御輿先生のプレゼンテーション)

*~*~*~*~*~*

  しかしそんな情けない3日間の中でも、同行者の「職場のモラルハラスメントをなくす会」メンバーが頑張って、事態はそれなりに進んでいった。

  職場のいじめ(モラル・ハラスメントとフランスでは名付けられている)問題は、取組みが先進的なのは北欧・フランス・イギリス・アイルランドといった国を中心とするヨーロッパであり、北米はぼちぼち。南米や他地域はこれからというところである。
  日本においても、「いじめ」「パワーハラスメント」が昨今関心を呼んでいるのは感じられるが、それは「過労自殺」の一要因としてのうつ状態として労災認定の中で認識され、あるいは最近は職場に必ず存在すると思われるメンタルヘルス系休職者の増加から来ていると思われる。未だ組織だった研究もないし、職場のいじめの防止義務を立法化する動きなど未だカケラも認められないという状況にある。
  だから、職場のいじめについての対策を日本でも推し進めよう、そのために学会を日本に招致して気運を盛り上げよう、というのがこの学会へ前回(2年前の第5回学会)以来乗り込んでいる「職場のモラルハラスメントをなくす会」の意気込みであり、私も共感しているところである。
 
  今回、学会が単なる回り持ち交流会から組織化へ進み、国際組織として7名の理事を選出して設立された。この7名の中に日本人を誰か入れたいという思いがあったが、さすがにそう簡単に理事が務まるものではなく今回は断念。理事になるには職種等の条件がある他に、何しろ英語で丁々発止のやりとりができなければ付いていけないのである。
  その代わり、メンバーは精力的に理事や他の参加者と交流し、2年後は無理だとしても4年後の学会を日本に招致することを見越して、この1~2年でアジア・オセアニア地域での国際会議を持ちましょうという展望をまとめた。
  今回の学会も、アジアからの参加者は遠方であることもあるのかほぼゼロであった。辛うじてインドからの参加者が理事にも選出されたが、韓国の参加者もイギリス留学中、他の1人の日本人参加者もアメリカで臨床心理の仕事に就いている人だった。(発表内容は日米のいじめ内容の比較研究であり、研究の深化を期待したいところである)
  アジアでの運動の盛り上げはこれからである。

*~*~*~*~*~*

080605_019


  職場のいじめ問題は、フランスから直輸入した「モラルハラスメント」という言葉を用いると概念がイメージしにくいところがあるが、結局は「職場環境の中でのストレスフルな言動」のもたらす問題であり、被害従業員側からすれば「快適な職場を提供されるべきなのに心身を害する環境に置かれている」という雇用契約に付随する使用者の職場環境整備義務の債務不履行の問題である。

  ただ、加害従業員ないし経営者側からすれば、故意による「いけすかないからいびる、自ら退職するように仕向ける」というものから、そういう認識はなくて「仕事上のミスの指摘が行き過ぎた、あるいは思いがけず指摘された方が落ち込んでしまった」というレベルのものまでを包括すると思われる。
  単なるコミュニケーションギャップ、「言わなくてもわかるはず」がわかっていないという問題であれば、なんとか相互に近づくスキルを習得することで改善は図れるだろう。
  しかしそうではなく故意によるといえる、ストレスのはけ口のようにして他の従業員を攻撃する事態は深刻である。DV(ドメスティックバイオレンス)をはたらく夫(あるいは妻)の病理も最近は理解が進んできたと言えるが、結婚してしまったものを離婚で解決するのには多大な労力を要する。職場の「いじめ魔」対策もまた、被害者が職場を離脱するか、「いじめ魔」を職場から追放するか、というシビアな問題を提起する。これにはDV同様、和解はないであろう。
 職場のいじめ問題も、DV同様に、関係解消後の被害者の生活設計を社会がいかに援助するかを抜きに語れないし、加害者にはどんな働きかけが必要か(理解させることは困難であろうが!)を研究し何らかの取組みをすることも今後の課題となるだろう。

 職場のいじめ問題を国際的な視野と協力をもって、しかし国内で地道に普及を図る活動を行って盛り上げていく必要があると感じた3日間であった。特に労働法学者の協力は不可欠と思われる。
 さて2年後の次回学会はデンマーク(コペンハーゲン)またはフランスが候補地であるという。私は2年後に英語で普通にコミュニケーションができるようになっていたい。英語ニュースの聞き流しからでも目標の第1歩にはなるだろうか?

April 29, 2008

「均等待遇ウェーブ」に参加して【大橋】

S_001


S_002


 今はいろいろな植物がどんどん芽を伸ばす時期です。
 うちの「プデリス」というシダの一種も、こぶしをぐっと突き出しました。開くのが楽しみです。
 まだまだこぶしが根元の方からどんどん出てきます。

 さて。4月26日土曜日、「均等待遇ウェーブ」の集会に行きました。

 ILO100号条約でも決められている、「同一価値労働同一報酬」原則の実施を求める運動の一環です。

S08426_002


 「均等待遇アクション21大阪実行委員会」の屋嘉比ふみ子さんです。
 京ガス裁判の原告だった方です。京ガス裁判は、まさに男女の同一価値労働同一報酬を求める裁判であり、和解で終了しました。

 ところで、改正パート労働法でパート労働者の労働条件が一部通常の労働者と均等に保障されることとなったのですが、適用を受ける労働者の範囲というのは、下の写真の表のとおり、ごく一部です。

S08426_001

 だいたい、パートタイム労働者は「有期雇用」なのですから、「有期でないこと」を条件にした途端に多くのパート労働者が排除されてしまいます。


 この集会で私が気に入ったスローガンです。

 「意味のない有期雇用をなくそう!」
 (産休の期間だけ来てくれる人が欲しいとか、どうしても有期雇用の需要はなくならないでしょうからこんな表現なんですね、きっと。)

 それから、気になったスローガンです。

 「パートが生活できる時給1400円以上を実現しよう!」

 子どもがいるなど、どうしてもパートで働く必要がある場合、子育て支援施策を充実させるのか、時給自体を上げるのか、二つの途があります。

 時給1400円・・今うちの事務所はアルバイトの人にこんなに払っていないので、気になりました・・

 個別事業主に時給を上げることを求めると、「これだけ払っているのだからよく働いてほしい」と思うことになり、労働現場もまた能力主義的になり労働強化の発想になってしまいそうです。

 反面、時間を使って働いてもらうのに、生活できない給料しか渡さないで平気だというのも非人間的です。うちは4時間しか要らないから、と言って、ダブルワークに追い込む。4時間だから副業でしょ、と言わんばかり。それはおかしいです。


 私は、労働法の原則に立ち戻って、改めて「おかしい」と言いたくなりました。

 「人は週40時間労働をして、健康で文化的な最低限度の生活ができるはずだったんじゃないのか!どうしてそういう社会にならないの?」


October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks