« 「女子」として平等な関係性を、そして大きなパワーを!【大橋】 | Main

March 31, 2014

離婚するママとパパのための絵本【大橋】

S20140322_033621

 離婚のために代理人業務をするのは、私の仕事の多くの割合を占めています。

交渉でまとめるか、家庭裁判所に調停を申し立てるか、調停では折り合えずに離婚訴訟を起こすか。

その中で、子どもをめぐる争いは年々熾烈な問題となってきているように思います。

私の弁護士歴も14年満了、15年目に入りますが、10年前といったら、パパは子どもの親権までを争うことはそう多くなく、面会の機会にこだわることもそうありませんでした。
今は、ほぼ全部のケースで、子どものことはママとパパの間で争いになります。
特にまだ子どもが小さいとき、パパは「いちばん可愛い時期の子どもにどうして月1回しか会えないのか!」と怒ります。
 (ママが子育てを問題なくやっているために、そのまま親権がママに認められるケースを前提としています。)

 間にいる子どもは、どういう気持ちなんだろうか。
 私はなるべくそれを知りたいと思ってきました。
 離婚が「子供のせい」である訳はなく、一方的被害者なのです。しかも自分を守る力がまだありません。

 そんなとき、京都家庭裁判所の待合室に、「おすすめの絵本」のリストが貼ってありました。

 早速入手してみましたが、買えたのは3冊でした。
 そして中身を読んだのが、買ってから何カ月も経ってから。ようやく宿題を終えた気分です。

 絵本のよいところは、子どもの視線で描かれているので、自分が子どもの気持ちになれることです。
  どれも、ママとパパは出会わないようにして子どもを引き渡し、受け取っています。
  間に立つ子どもの気分は・・


  中でも、 「ココ、きみのせいじゃない」という本をご紹介したいと思います。

  アメリカの作者の本を日本の家裁調停委員をしている人が翻訳し、解説をつけたもの。
  パパが別居して、家が二つになるところから始まります。

 この「ココ、きみのせいじゃない」という本は、子どもに読み聞かせる絵本の部分に加えて、小さな字で詳細な解説がママとパパのために書かれているのです。

子どもがどんな気持ちになるか。それをわかってこういう配慮をしてあげてください、ということがたくさん書いてあります。

 たくさん買って、依頼者と相手方にもプレゼントしたいくらいです。
まとめ買いをすると割引もあるようですし。。

事務所に読みに来られますか?

« 「女子」として平等な関係性を、そして大きなパワーを!【大橋】 | Main

01 大橋」カテゴリの記事

34 離婚・面会交流」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54939/59384267

Listed below are links to weblogs that reference 離婚するママとパパのための絵本【大橋】:

« 「女子」として平等な関係性を、そして大きなパワーを!【大橋】 | Main

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks