« 死刑の存廃をめぐって【大橋】 | Main | 香川でうどんを食べながら【大橋】 »

October 09, 2011

青森・六ヶ所村で【大橋】

 最近、青森の六ヶ所村へ行く機会がありました。

 六ヶ所村は、青森県の下北半島の付け根部分(太平洋側)にあります。
 「日本原燃株式会社」が操業する「原子燃料サイクル施設」(ウラン濃縮工場、低レベル放射性廃棄物埋設センター、再処理工場など)が存在することで有名です。

 東日本大震災から生じた福島第1原発の事故で、大気中に撒き散らされてしまった放射性物質が大きな問題となっています。
 
 しかし、放射性物質は「事故だから出てきてしまった」のではなく、原子力発電を行う限り「放射性核廃棄物」として必ずその処理が問題となるはずのものです。
 この処理を行う施設が、六ヶ所村にあるわけです。

 PRセンターでその仕組みを見ていますと、放射性物質はガラス固化体にして危険が少なくなるまで保管するとか、放射能の帯び方が少ないものはコンクリート詰めにするとか説明されていますが、「完全に放射性物質を外に出さない」という処理ではないことがわかります。

 放射性物質の濃度が低くなった段階で、最後には大気中に放出するとか、廃液を海中に放出するとかいうことが説明されています。

 でも、放射性物質の濃度が一定水準以下であれば「健康に問題ない」とは、科学的に証明されていません。
 (そのことを「閾(しきい)値が存在しない」という言葉で説明されていますね。)

 危険な核のゴミが、各原子力発電所から六カ所村に運ばれて、まだ軌道に乗っていない「核燃料サイクル」のために集結していっている状態です。

 ここも、地震・津波で危険が生じることに変わりありません。

*~*~*~*~*~*

 さて、この六ヶ所村に再処理工場を造らせない、また核廃棄物を運び込ませないために、かつて大きな運動が展開されていました。
 このことを私はよく知りませんでしたが、現地で「花とハーブの里」を運営しておられる菊川慶子さんの著書、
「六ヶ所村 ふるさとを吹く風」(影書房、2010年9月)
を読んで、六ヶ所村で起こったできごとと、運動の中心を担われた菊川さんの個人史・思いを知ることができました。

 「花とハーブの里」は、とてもおしゃれなサイトで、今年春まで行われた「チューリップ祭り」や、「核燃に頼らない村作り」のためのルバーブジャムの製造販売などを紹介しています。

 この著書を読んでみると、子どもたちのために、将来のために、息長い取り組みをしたいという思いがよく伝わります。
 皆さんにもこの本を読んでいただきたいのですが、その上で、このルバーブジャムなどお求めいただいたらいかがでしょう?

Scimg5802


 この、雑草の中にある、大きな葉を茂らせているのがルバーブです。
 例えて言えば「フキ」のように、茎を食用にするそうですが、熱を加えるとトロトロになり、酸味があって、砂糖を入れて煮詰めてジャムにするとのこと。繊維が多くて、美肌によいとか。
 青臭くないかな?と思いましたが、美味しいです。
Scimg5706


 青森の人は、大阪人から見ると(私のルーツは浜松ですが) 、本当に控えめでシャイな感じです。
 青森で、方々の原発から出た核廃棄物を黙って抱えている状況に甘んじることなく、既に直面している「核のゴミ」問題を考えなければなりません。
 「各地へ核廃棄物を引き取ってほしい」というのが、現地の人々の偽らざる思いなのです。

 
 

« 死刑の存廃をめぐって【大橋】 | Main | 香川でうどんを食べながら【大橋】 »

01 大橋」カテゴリの記事

10 つれづれ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54939/52947851

Listed below are links to weblogs that reference 青森・六ヶ所村で【大橋】:

« 死刑の存廃をめぐって【大橋】 | Main | 香川でうどんを食べながら【大橋】 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks