« 香川でうどんを食べながら【大橋】 | Main | 新年のご挨拶【大橋】 »

October 16, 2011

間接事実だけで有罪を認定する場合の新たな判断基準【大橋】

Cimg5813


 日本弁護士連合会が発行する月刊誌「自由と正義」。
 弁護士にとっては情報誌ですから、毎月送られてくるものを、遅れ遅れでも目を通すようにはしています。

 9月号の特集1は「厚労省元局長無罪事件を検証する」。
 大阪地裁で展開された、大阪地検特捜部を揺るがす大事件でした。
 関係する大阪の弁護人も顔見知りの方たちで、マスコミの報道も鋭く、印象深く成り行きを見守っていた事件ですので、興味深く読みました。
 
 特集2は「研究者・実務家それぞれの立場から見た国際司法支援」。
 知り合いの後輩弁護士が、どうも国際司法支援に行きたそうにしているので、これも興味深く感じました。

*~*~*~*~*

 さて、これ以外に私の目を引いたのは、
「刑事裁判の新たな展開を求めて=平成22年4月27日付最高裁第三小法廷判決の分析=」
というタイトルで、東京弁護士会の渡辺脩弁護士が寄稿された記事です。

 日弁連の刑事法制委員会所属の弁護士で、「大阪市母子殺人事件」の意義について委員会内判例研究チームでの検討結果の要約を書かれています。

 「大阪市母子殺人事件」は、2002年、被告人男性が養子(妻の連れ子)の妻及びその子(一歳)をマンション内で殺害した上、その部屋に火を付けたという、殺人2件及び現住建造物放火の容疑で起訴された事件で、無罪を争いましたが、1審・2審と有罪(死刑)判決が出されていたものです。
 昨年4月の上記最高裁判決で、大阪地裁に差戻しされ、現在審理中です。

 この最高裁判決は画期的なものだったということで、ここへさわりを紹介し、私の覚えともしておきたいと思います。

この判決は、「間接事実」だけで有罪を認定する場合、「間接事実中に、被告人が犯人でないとしたならば合理的に説明することができない」等の事実関係が含まれていることを要するという(裁判長藤田宙靖、裁判官田原睦夫、同近藤崇晴、同那須弘平。反対・裁判官堀籠幸男)。

 これは、長年に亘って、「無罪推定の原則」を実質的に形骸化させてきた日本の刑事裁判における事実認定の在り方に、新たな判断基準を導入して、強力な楔を打ち込んだ新判例である。この判決はまた、「裁判員裁判」のもとで、「無罪推定」の原則と、有罪認定のために必要な「合理的疑いを容れる余地のない程度の証明」をどう市民のものにしていくのかという問題意識にも貫かれている。

 これは、すべての弁護人と市民に強く支持されるべき判決である。


 「間接事実中に、被告人が犯人でないとしたならば合理的に説明することができない」等の事実関係が含まれていることを要する、というのがどう画期的であるのか。

 説明によれば、日本の刑事裁判の事実認定において、長年、主流となってきたのは「総合判断」の手法であるといいます。
 「個別に見れば証明力の薄い幾つかの間接証拠の積み重ねの上に、『被告人が犯人であるとすればその全てが矛盾なく説明できるが故に被告人が犯人であるとする』認定手法をいうとのことです。

 確かに、これは判断手法を180度変更したもので、
「この被告人がしたとしておかしくない」 から
「この被告人がしたのでなければおかしい」 への変更です。

 ただし、こんなことも書かれていました。

 その一方で、最高裁判例から判例集に登載する判例を選別して注釈を加える最高裁の「判例委員会」は、4.27判決について、「強力な反対があったため」に、「被告人が犯人でないとしたら合理的に説明することができない事実関係を要する」との「新たな判断基準」を判例要旨に掲げることを見送ったという(山口進、宮地ゆう著「最高裁の暗闘」95頁、朝日新書、2011年)。

 ともあれ、この判決の存在を頭の隅に覚えておくことにします。

« 香川でうどんを食べながら【大橋】 | Main | 新年のご挨拶【大橋】 »

01 大橋」カテゴリの記事

22 刑事事件」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54939/53004146

Listed below are links to weblogs that reference 間接事実だけで有罪を認定する場合の新たな判断基準【大橋】:

« 香川でうどんを食べながら【大橋】 | Main | 新年のご挨拶【大橋】 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks