« 季刊労働法 特集「パワハラの現実的解決に向けて」【大橋】 | Main | 国際人権法学会に参加【大橋】 »

October 25, 2010

長崎フィールドワーク【大橋】

 大橋です。

 この週末は、2泊3日で、雲仙・佐世保・長崎を巡ってきました。多業種の人で福祉・平和・社会問題での勉強と企画をしているグループ、Peace Net Osakaのフィールドワークです。

Cimg3052


 雲仙では、「コロニー雲仙」という、社会福祉法人南高愛隣会が取り組む福祉施設群を見学させていただきました。
 こちらは、障害者を施設で生活させるのではなく、施設は通過点であり、障害年金・就労・生活保護で経済的安定を得た後には「愛する人との暮らし」を支援していくという明確な目標を掲げています。「愛する人」とは、配偶者であったり親であったり、また友だちであったりしますが、精神的な自立、生き甲斐を求めるのが人間であるという明確な考え方に大いに共感を持ちました。
 また、こちらは、刑務所に繰り返し収容される障害者・高齢者をその本来の受け皿である福祉につなぐために、更生保護施設も設立するという積極的な取り組みをしています。施設は、障害者グループホームを解消した後のものを再利用したとのこと。新しい意義が見いだされたのです。
 ご多忙な中で見学案内と説明をしてくださった前田さん、阿部さん、どうもありがとうございました。
 コロニー雲仙の作業所で作られた「そうめん」を買いそびれたので、取り寄せをさせていただこうと思います。

Cimg3068


 雲仙の温泉街で、沸騰し湧き出る硫黄泉から立ち上る湯煙は、一見の価値がありました。こちらは明治の頃から外国人居留者の避暑地として栄えたそうで、レトロモダンな雰囲気でした。
 酸性の強い硫黄泉はなかなかヘビーで、なめらかでよいお湯なのですが、上がった後にはしばらく体を休めたい感じです。

Cimg3082_2


 佐世保では、社会民主党からの選出で衆議院議員を務めた経歴を持つ今川正美さんに、米海軍基地・自衛隊・佐世保重工の関係での現地案内と説明を受けました。「思いやり予算」で米海軍の待遇が良すぎて、自衛隊も心穏やかでないというほどの現状があるそうです。米兵犯罪も報道されないだけで実は発生しているとのこと。知らずに佐世保を見て歩いたとしてもわからないようなことばかりでした。
Cimg3099_2


 ちょうどよさこい祭りで賑やかな商店街を抜け、佐世保バーガーをおいしくいただきました。

Cimg3108


 長崎市内に着いたのが夕方で、大浦天主堂を拝観したところで主要施設の閉園時間が来て、あとは土産物屋と中華街と、夜の出島散歩でした。

 翌日はフェリーで「軍艦島」見学ツアー。小さな島だったところの地下が良質の炭鉱だったため、江戸時代末期から採炭がされていましたが、三菱の経営となって埋め立てで面積を約三倍に拡大し、戦中・戦後に大いに栄えた採炭の島です。最大で5300人がこの島に住んでいたそうです。石油へのエネルギー転換で1974年に閉山。その後、世界遺産暫定リストに載り、観光コースが整備されています。
 (といってもこの日は土砂降りで・・船内でカッパを買い、デジカメを雨に濡らしながらの見学・撮影でした。)
Cimg3118


Cimg3124


 今は、当時近代的であった設備や高層アパートが潮風に朽ちていくままですが、この島から海底に616メートルも掘り進めた炭鉱があり、たくさんの家族の生活がここにあったと考えると、感慨深いものがありました。

 あと、浦上にある長崎原爆資料館へ。原爆投下地点は盆地の真ん中で、周囲の山に遮られて投下の影響は限定されたものの、熱線・爆風・そしてすぐさま起こった大火により多くの死者を出したことが窺えました。永井隆博士(長崎医科大学)が自ら被爆し、妻を失い、残された二児を育てながら被爆者の治療に心血を注ぎ、6年後に死去されたことが説明されていました。
 永井博士の「長崎の鐘」という手記を館内のショップで買って、帰りの電車で読んできましたが、原爆投下直後の渦中での貴重な記録から、「長崎原爆投下とはどういうことだったのか」を知り、投下と敗戦の後に生き残った人々の放心状態を救った信仰の力を感じることができました。

 私が今、佐賀地裁に通っている「玄海原子力発電所のMOX燃料使用差止訴訟」にも、隣接する長崎在住の方が、原告として参加しておられます。長崎に投下された原子爆弾にもプルトニウム239が使われていました。MOX燃料も同じ材料・同じしくみでエネルギーを作るものです。長崎が原爆で受けた深い悲しみ、そして再生と平和への長く辛い努力の歴史が、私にも少し感じ取れたように思いました。

« 季刊労働法 特集「パワハラの現実的解決に向けて」【大橋】 | Main | 国際人権法学会に参加【大橋】 »

01 大橋」カテゴリの記事

10 つれづれ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54939/49840245

Listed below are links to weblogs that reference 長崎フィールドワーク【大橋】:

« 季刊労働法 特集「パワハラの現実的解決に向けて」【大橋】 | Main | 国際人権法学会に参加【大橋】 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks