« カウンセリング系弁護士・・【大橋】 | Main | NHKスペシャル「松田聖子 女性の時代の物語」雑感【大橋】 »

March 09, 2007

専門家の意見と裁判所のズレ【大橋】

Photo_4
 松井が専門性について書いています。私も最近思ったことを少し。


S_011

 入管施設で、処遇の不満の表明あるいは言葉の行き違い(収容されているのは外国人である)から、被収容者が職員5人がかりで床に押さえ付けられ、抵抗したところ罵声とともに「制圧」され、肋骨2本と第3腰椎横突起を骨折する暴行事件が起こった。国家賠償請求訴訟を提起。
 ところで、第1審段階では、骨折は肋骨1本だけだと思われていた。それが理由でというだけではないが、第1審は敗訴。
 現在、控訴審で審理中であるが、ある協力的な整形外科医にレントゲンを見せたら、さらに肋骨1本と第3腰椎横突起(どんなものか私も知らなかった)が折れているのが見えるという。
 これまでに整形外科医が数人、レントゲンを見ているのだが、見過ごしてきた「真実」である。

 →→多くの専門分野があるところ、裁判所は法律の専門家という以上に専門家ではないし、弁護士もまた専門家ではない。どちらかというとゼネラリストと言われ、世の常識(良識か)を体現するべき職業である。
   専門家のフィールドでの常識がここでは非常識であり得る。その結果として、数々の「真実」を見誤った判決が生まれていることは間違いがない。
   裁判所という国家強制力を有する機関は、その力の大きさを十分に認識して慎重にその権力を行使しなければならない。また、弁護士は、裁判所に問題提起をする役割であって、いかに「真実」を裁判所の常識としていくかにつき、パイオニア的役割を果たさなければならない。
   日々勉強。見聞を広げることが大事。
 

« カウンセリング系弁護士・・【大橋】 | Main | NHKスペシャル「松田聖子 女性の時代の物語」雑感【大橋】 »

弁護士業務」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54939/14197592

Listed below are links to weblogs that reference 専門家の意見と裁判所のズレ【大橋】:

« カウンセリング系弁護士・・【大橋】 | Main | NHKスペシャル「松田聖子 女性の時代の物語」雑感【大橋】 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks