« 「いま一度、死刑を考える~あなたが裁判員になる前に」報告【大橋】 | Main | 年頭のごあいさつ【大橋】 »

October 25, 2006

マクガワン35万円高裁判決、闘いはこれから【大橋】

 大橋が以前にご紹介していた、アフリカ系アメリカ人マクガワン氏の入店拒否事件で、10月18日、大阪高裁で控訴審判決がありました。
(↓以前のブログ記事) 
http://osaka-futaba.cocolog-nifty.com/futaba/2006/01/index.html
 結果は、マスコミに注目しておられた皆さんはご存じでしょう。1審判決を破棄し、35万円の金銭支払を命ずる一部勝訴判決でした。

 実はこの日、私は法廷に入るのが遅れてしまい(というより、判決の言い渡しが1分ほど早かった)、入ってみると法廷内が静まりかえっていました。まだかな?と思ったら裁判官が立ち上がりました。
 弁護団の1人の弁護士が、「勝ちましたよ!」とにっこり笑ってくれたので、ともかく肩を叩き返して喜びました。
 マクガワンさんと弁護士は握手したり抱き合ったり。
 私はこういうとき、おくてで、後の方で様子を見ているのです。

 しかし・・全体に静かな退場です。「で、いくら?」「35万円です」
 法廷では主文しか読み上げませんので、「どうして35万円なのか」は判決文をもらって読まないとわからないのです。

 そこで弁護士たちは書記官室に行き、判決文の受け取りを行いました。
 少し待ち時間があり、「どう思う?」と予想をしました。
 「黒人差別を認めずに単なる入店拒否をしただけだというなら、30万円にもなるはずがない。黒人差別は認められていると思う」と1人の弁護士。
 「いや、これまでに人種差別を認定した判決は、100万円を超えている。きっと黒人差別は認定していない。」と他の弁護士。

 ようやく判決文が手に入り、1人が早口で読み上げます。30分後には記者会見を予定していたため、ゆっくりしていられません。
 内容は・・黒人差別を認定していませんでした。現場で「黒人キライ」という言葉を店主が吐いたかどうか、直接の証拠もないので、マクガワン氏の証言と店主のかつて黒人に被害を受けた経験(悪感情)だけしか認定材料がありません。マクガワン氏の証言については「日本に11年も住んでいて『黒人』という言葉を聞いたことがないのは不自然」「日本語能力からすると聞き誤りもあり得る」とされました。店主の黒人差別感情については「それが行為として客観的、外形的に明白であるとは言えない以上、当該行為をその感情故の人種差別的行為と認定することには慎重であるべきである」という見地から、人種差別的意図をもって行われたと認めるには不十分だとされました。
 では、どうして35万円(うち弁護士費用として5万円)という判決が出たのか。それは、お客かもしれない人に対する対応としては「その仕草(腕を振って追い払う)を含めて考えると、健全な社会通念を逸脱した一方的かつ理不尽な攻撃的行為であって、このような対応をされた者にとっては、自己を貶められたように感じ、強度の不快感を抱くに至るであろうことは容易に推測できるのであって、控訴人もまた同様であったものと推認することができる」からだということでした。
 店の前から腕を振って追い払われた、そのことに対する慰謝料として30万円が認められるのは、かなり異例であると言えるでしょう。
 この30万円は、裁判官が、「マクガワンさん、お気持ちはよくわかりますよ、しかし判決には証拠が要るから、これが限界です。せめて金額で勘案させてもらいました。」というアピールを込めて算定した金額だと言えるでしょう。

 ともあれ、第1審よりはよほど血の通った審理と判決が出たものと思います。
 マクガワンさんも、そのことに気を和ませたのでしょう。「この判決は、終わりではなく、始まりです」と記者会見で述べていました。翌日、「上告はしない」と連絡をしてこられました。
 マクガワンさん、お疲れ様でした。弁護士費用はもちろん5万円で済んでいません。大変な労力と心労を重ねた2年間だったと思います。しかし、貴方の行動が一つの波を日本の国に起こしてくれたのです。大きな支援の輪もできました。差別を我慢してきた人たちを力づける成果としていきたいと思います。

« 「いま一度、死刑を考える~あなたが裁判員になる前に」報告【大橋】 | Main | 年頭のごあいさつ【大橋】 »

弁護団活動」カテゴリの記事

Comments

クロダさん、先日は楽しかったですね!
某地の判決も先例として有名ですね。判決文には担当裁判官の価値観も濃厚に出ていて、ユニークなものです。
裁判にまで訴えて差別を問う、というのは当事者にとって大変なことだと思います。
その中でも、果敢に訴える人が現れたとき、支える支援者、弁護士とで、地道に世論を変えていきたいと思っています。

 大橋さんこんにちは。ちょっと余裕ができたので、久しぶりにのぞいてみました。
 血の通った判決が出されたのですね。大橋さんが前のブログに紹介されていたように、私の住む街でも同様の事件が起こり、社会的に問題となりました。しかし、私も含め、「コクジン」「ガイコクジン」「ブラジル人」(私の住む地域では特にブラジルからの人)への差別的な意識というのは根強く根深くあると思います。
 その人の一つの属性だけでその人を決めつける、差別するそういう心性が自分にもまだまだあります。そんな自分のあり方も、そういう差別を当然とする社会を許容する自分の営みも省みさせられるきっかけとなりました。
 ではまた♪

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54939/12420545

Listed below are links to weblogs that reference マクガワン35万円高裁判決、闘いはこれから【大橋】:

« 「いま一度、死刑を考える~あなたが裁判員になる前に」報告【大橋】 | Main | 年頭のごあいさつ【大橋】 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks