« June 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

August 14, 2006

お盆休み雑感【大橋】

S2006856_005
(涼を求めて・・富士山麓の「白糸の滝」です。)

 大橋です。またブログ間隔が空き、松井に追いつけません。
 私なりに原因を考えてみるのですが、依頼者のプライバシーに関わることは守秘義務があるので書けませんし、ちょっと落ち着かないと文章って書けませんよね。(やはり言い訳か・・)
 とにかく、今はお盆休みで、いろいろ書くべき原稿などあるものの、少し余裕ができました。

 そうです。ずっと蒸し蒸しする日が続き、梅雨が明けたら明けたで猛暑でしたので、けっこうバテました。
 基礎体力、大事ですね。昨夜から「腕立て伏せ、腹筋、背筋」運動を復活させてみています。

 この運動は、思い起こせば中学のときに学校で「毎日やるように」と指示されて以来、ずーっと続けていたものです。
 ここ2年くらいでしょうか、ときどき怠け始め、このごろやらなくなったために体力が落ちてきたような気がします。

 さて、こうした導入の下、今日は、8月12日にあった「中学高校の同窓会」のことを書きます。

 私の地元は静岡県浜松市で、私立の中高一貫校「西遠女子学園」が母校です。

 同期生の同窓会が地元在住の人たちで企画され、私も大変懐かしい思いで参加しました。
 3分の1くらいの出席があったようです。
 私のクラスの担任がお見えにならない、というのは、予測できなくもなかったですが、ちょっと残念でした。

 ほとんどの人と25年ぶりの再会です。
 私が関西に出て行って大学を出て、公務員をしたり受験生をしたり、ようやく弁護士になってバタバタしているうちに、みんなも25年の歳月を重ねて私の前に現れました。
 記憶というのはよみがえるものですね。名札と顔を見ていたら、脳裏に25年前の姿が映りました。

 到底、25年のブランクなど埋まりませんから、「ああ、懐かしいなあ」と思っているだけで時間が過ぎました。
 
 私から同窓のみんなへのメッセージです。
 「これからはこれからのおつき合い。何かあったら連絡をとりあいましょう。」

 私たちの世代は、人生で一番の活動期であることは間違いなく、得意の分野で活躍している人も、刑事事件を起こした人も、結構私たちとよく似た歳の人たちです。
 友人にも今心理学を学んでいるという人が複数いました。活動のステージを準備中のみんなに、エールを送ります。
 そして、私も、目の前にいる勉強家の松井を見習い、がんばらなくてはと思っております。
 「選択と集中」とよく松井は言っています。私の関心は、人権分野に集中しつつもその中ではかなり広がる傾向にあります。経営と「自分のこだわり」とのバランス。ときどき振り向いて考えながら、歩みます。

« June 2006 | Main | September 2006 »

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks